Pen appunti

メモとして

「2015.5」の記事一覧

29 May, 2015

[ABOUT STONES]

葡萄酒に染められて


美しい紫の石、アメシスト。
透明な紫の石で、唯一宝石たりうる石です。
それにはこんな神話があるのをご存知でしょうか。
アメシストは月の女神の女官の名前。
酒に酔ったバッカスが、今から最初に出会った人をピューマに襲わせようとしていた時
運悪くそこに通りかかったのが、月の女神の女官アメシストでした。
バッカスが獣をけしかけ、今にもアメシストが襲われるという時
この惨事に気づいた月の女神が彼女を守るため、一瞬にして純白の水晶に変えたのです。
その後酔いから覚めたバッカスは自分の罪を悔い、水晶にワインを注ぎました。
たちまち水晶は透き通った紫色に変わり、美しい紫色の宝石・アメシストになったといわれています。
語源となったギリシャ語の『amethystos』は"酒に酔わない"という意味をもちます。
飲み過ぎのときのお守りになるというちょっとめずらしいパワーストーン。
葡萄酒に染められたクリスタル。
その美しい紫に、酔ってみるのはいかがですか。
–企画展のおしらせ–
2015.6.22(mon)~28(sun)
emme展~石話~@berkarte
 

7 May, 2015

[ABOUT STONES]

Green sophia 緑の叡智


エメラルドの石言葉は叡智。
深い知識、洞察、知性。
私の誕生石でもあるからでしょうか、いろんな産地のいろんな形状で集めています。
落ち着く緑。大好きです。
エメラルドはベリルという石のグループで、アクアマリンの兄弟みたいなものです。
アクアマリンと同じように、恋愛や幸せな結婚のお守りでもあるんですって。
でも、エメラルドは内包物を非常に多く含む石です。
硬度は高いのですが、割れやすい繊細な石。
ダイアモンドに並ぶ世界四大宝石で色石としてはナンバーワン。
クレオパトラが愛したゆえに自身のエメラルド鉱山を持っていたなど
逸話も数多くある石ですが、歴史的な名品があまり伝わらないのには
この繊細さも関係しているのでしょう。
エメラルドと人間に傷のないものはない
脆さもあるからこそ美しい。
あっという間に過ぎゆく、この春のように。
美しい石。そして美しく愛しい季節ですね。
 

2 May, 2015

[DAILY]

Shoot Him Down!

けだるい気分のとき
ちょっと気持ちをあげたいとき
最近よく聴くのが、Alice Francis。

ポーランドのモダンヴィンテージJAZZ。
おしゃれかわいくノリがよくて好きなのです。
Jazzというには声が明るすぎるところが逆にノージャンルな感じでいいよね。