Pen appunti

メモとして

7 August, 2019

[series: même si]

From time immemorial

 

10K534L
Dendritic agate ring
(K10 / dendritic agate)
même si

 

 

まるで一幅の絵画のような
デンドリティックアゲートのリング
石の割れ目に侵入した微小の金属のあつまりは
長い年月に偶然が重なって
こんなに美しい模様を生みだすのです

 

永久に枯れない植物
古代ギリシャの時代から愛でられてきた美しい鉱物です

 

石によって一つひとつ模様が異なるため
もはやコレクターのようについつい集めてしまいます
リングに仕立てるとさらに美しいです

3 August, 2019

[series: même si]

Herkimer diamond

 

Herkimer diamond quartz
(K10 / herkimer diamond)
même si

 

ハーキマーダイアモンドを
10金で石留めしたイヤリング

 

痛くないことと
前から見ても、横から見ても
後ろから見ても可愛い
をぜんぶ叶えられるように

1 August, 2019

[series: EMME]

Antique lace ring

 

Antique lace rings
(SILVER925)
EMME

 

 

アンティークな雰囲気あふれる
レースのリング
レースが透けて見えるのが
軽やかで涼やか

 

26 July, 2019

[CREATION]

Merletti antichi あるいは Dentelle ancienne

 

こういったアンティークレースを

銀や金に象り

装飾品へと仕立てていきます

上手くいくとこの上なく幸せですが

失敗するとその都度落ち込みます

 

数限りある過去の美を

別の形に置換して遺す

コツコツとした小さな作業の積み重ねが

より美しいものに変わるのだと思いつつ

 

24 July, 2019

[series: EMME]

Collo indietro

 

Back style

Antique lace necklace

(SILVER925)

EMME

 

 

うしろ姿が可愛くみえる

アジャスター先のアンティークレース

ランダムに様々なモチーフを

ネックレスに合わせています

ふと作ってみたら可愛くて

アンティークレースのネックレスは

今はこんな感じです

 

16 July, 2019

[DAILY]

In my cabinet

 

In my cabinet

 

 

アンティークキャビネットの引き出しの中に

浪漫という名の収集癖が詰まっています

ここは鉱物の引き出し

几帳面にラベリングする収集家の人が多い中

私のこのごちゃまぜ感…

石も貝も雲丹の骨まで詰め込んでいて

小学生男子かよ!って自分で突っ込んでしまうけど

この無秩序がものすごくワクワクするのです

 

 

ここは本当にただの趣味の引き出しで

そして私の宝箱

見るたびにときめく、この気持ちが

日々のエッセンスになっているんだと思います

 

11 July, 2019

[series: EMME]

swinging pierced earrings ゆれるピアス

 

私自身は意外とポストタイプのピアスが好きなのですが

ゆれるタイプのものもかわいいですよね

 

 

アンティークレースのピアスは、ゆれると糸目が輝いて美しいです

 

12 June, 2019

[series: HERBIER de emme]

blooming quietly

 

HERBIER de emme
(rice flower / hydrangea / rose)
(SILVER850)

 

 

エンメの植物標本のリング

 

 

ライスフラワーの花と茎、
そしてアナベル
2つの植物を組み合わせてつくるリングは
指の上で植物が静かに咲き誇る
白い銀の装飾品

12 June, 2019

[EVENT / EXHIBITION]

百花為誰開 百石為誰光

 

今週末からゲッコウカフェさんで個展があります

 

百花為誰開

百石為誰光

 

花は誰のために咲くのでしょうか

石は誰のために光るのでしょうか

それらはただ自然に、そのままの姿で美しい。

あるがままの美しさを感じとれるよう、

そしてあるがままに楽しめるよう

今回も全レーベルありったけ制作します。

 

ゲッコウカフェさんはいつも好きなようにさせてくれるので

ギリギリまで好きなように新作をつくってます

楽しくて仕方がないのですが、準備がまったく終わる気がしません

いつもは二年に一度なのですが、今年は特別!

ゲッコウカフェさんは今回が終わったらまた二年後です。

百を超える、色とりどりの石や花たち

是非手に取ってご覧ください

 

そして今回が終わったらしばらく展示販売お休みします

春から続いた怒涛の(わたし的に)巡回展示。

初夏の百花、百石をどうぞ