Pen appunti

メモとして

「DAILY」の記事一覧

17 January, 2016

[DAILY]

香る琥珀

写真 2016-12-11 22 50 46.jpg
私のお気に入り、MAD et LEN (マドエレン)。
フランス、フレグランスのブランドでサン・ジュリアンという小さな村でつくられているそうです。
花や木・茎などから蒸留抽出した香りを手作業で染みこませる昔ながらの製法を用い
香料のブレンドから着香、パッケージの制作やラベルもすべて手作業で作られているんですって。
MAD et LENの商品は
シーズンごとにその時期の旬な香りを展開しており、
香りはすべて世界各地から厳選した最良の素材をもとにブレンド・調香されています。
器やパッケージはすべてオリジナルで、遮光性の高いダークネービーのガラス瓶や、
モロッコの職人がひとつひとつ手作業で作りあげた鉄製の器など、他にはない雰囲気が特徴です。
販売店WEBより
私が購入したのはアカシアの樹脂に香りを着けたもの。
写真 2016-12-11 23 37 46.jpg
まるで琥珀のよう。
琥珀は樹脂が長い年月をかけてできるのだから(前のブログで触れています)当然なのかもしれませんが。
それにしても見た目も美しく、香りも美しいのです。
ところでこのMAD et LENは、マルセル・プルーストからこの名前がついているそうです。
今年の個人的な私のテーマも、まさにその物語から。
なんだかより一層、愛着が湧くのです。
 

7 January, 2016

[DAILY]

Sia il sogno それは夢

写真 2016-01-04 11 51 44.jpg
先日、山の裏で水晶がたくさん採れる、と教えてもらい
スコップ片手に発掘(というほどのこともないのですが)してきました。
昔鉱山だったというその場所では
水晶はその対象ではなく、ゴミとして裏にポイポイと捨てられていたそうで
雨上がりの日など、山の上のほうから泥と一緒に流れてくるものを
たくさん拾うことができるそうです。
実際私もたくさん集めることができて
キャーキャーいいながらたくさんの結晶を愛でることのできた夢のような1日でした。
水晶は、結晶の形が残っていて、傷(インクルージョン)のあるもののほうが好きです。
傷というよりもまるで思い出の痕、夢のかけら。
目覚めると消えてしまう、
儚い夢なのか
だれに邪魔をされようとも
自ら手放さない限り、ずっと持ち続けることができる
未来への希望の夢なのか
どちらも自分の手の中
 

2 January, 2016

[DAILY]

Buon anno nuovo 2016

写真 2016-01-01 11 19 54.jpg
あけましておめでとうございます。
2015年ははじめての娘が誕生したこともあって
のんびり過ごさせていただきました。
今年は制作に力を入れていきたいなと思っています。
個展の予定も決まっているので気合入れていこう!
今年もよろしくお願いいたします。
写真は我が家のおせち。
ようやくお酒も解禁したこともあって
ワインにあうものばかりつくってます。
とりあえずこの正月はブルゴーニュや自然派を飲みまくっております。
あと、日本酒だと黒龍がやたらとうちにあるので
黒龍のいろんないいボトル空けてます。いえーい
 

13 July, 2015

[DAILY]

Dal mio studio アトリエより


ベルカルテさんでのemme展もおわり
気が抜けたのか風邪をひいてしまった、今年はじめの猛暑日。
みなさんも体調にはお気をつけください。
喉がいたいです。。
このところメンテナンスのお問い合わせをよくいただきます。
チェーンが切れてしまったり、ピアスを片方なくしてしまった…
そんなときはお気軽にお問い合わせくださいね。
こんな色の石でネックレスやピアスがほしい…
とか、友人や恋人にプレゼントをあげたいけどどんな石がいいかな、
というときなどもご相談いただければ一緒に考えさせていただきます。
ウェブショップになかなか商品をアップできないですが
「こんなのない?」って言っていただけるとうれしいです。

2 May, 2015

[DAILY]

Shoot Him Down!

けだるい気分のとき
ちょっと気持ちをあげたいとき
最近よく聴くのが、Alice Francis。

ポーランドのモダンヴィンテージJAZZ。
おしゃれかわいくノリがよくて好きなのです。
Jazzというには声が明るすぎるところが逆にノージャンルな感じでいいよね。
 

15 March, 2015

[DAILY]

Luce di domenica 日曜日の光

光さす穏やかな日曜日
こんな日の制作BGMは、Henning Schmiedt(ヘニング・シュミート)。
やわらかくあたたかい、木漏れ日からもれる光。
散歩、という意味のSpazierenというアルバムです。
ヘニング・シュミートは生演奏を聴きにいける機会がありました。
澄んでいてとっても繊細な音の重なりがとても美しく
穏やかで優しい、そして心躍るピアノの音が大好きです。
ご本人も本当に優しそうな人で、もう本当に大好き!
また聴きに行きたいな。
どのアルバムもおすすめですが、森の中を散歩するこのSpazierenは気持ちいいです。

 

5 February, 2015

[DAILY]

Baby has come.

新しい家族がおうちにやってきました。

ルカさんはベビーベッド見守り隊の隊長です。
小さな家族ですが大きな存在感。
慣れない育児にあたふたしています。
製作までもうちょっと時間いただきたくて
あと少し待ってもらえるとうれしいです。
 

1 2 3 4