Pen appunti

メモとして

20 December, 2015

[CREATION]

guardare 眺める

写真 2015-12-08 10 44 05.jpg
石の仕入れに行っていました。
あつめたのは様々な原石たち。
まだ彫金を再開していなくて
すぐにとりかかれないのですが
手元に置いて眺めているだけでもときめきます。
早く銀製品の制作を再開したいです。
K14gfのものはつくっているんだけどー。
気持ちはあせってばかりです。
 

20 November, 2015

[CREATION]

ネックレスの長さ

写真 2016-03-29 4 33 07 (1).jpg
rough pink tourmaline necklace (K14gf/tourmaline)
ネックレスの、ベストな長さって人それぞれいろいろあると思います。
わたしがおもうベストは
鎖骨の下に石がくる長さ。
人によっては鎖骨のくぼみに石がぽつんと落ちるように
長さを意識してつくっています。

これはひとつぶの石のネックレスの場合。
女性はやっぱり鎖骨に意識がいくと
嫌味なく色気が感じられると思うのです。
寒くなってきましたが、少しだけ胸元の開いたニットに
こんな石がぽつんとあると、素敵だと思いませんか。
K14gfのネックレスはこまかい長さのご要望も承ります!
首が細いから短めがいい、
ゆったりさせたいから長めがいい、など
大幅に長さが変わらない限りは同じお値段で調整させていただきます!
ご購入後一週間以内にご連絡いただければ
長さの調整なども無料で対応させていただきますので
一度つけてみて「もうちょっと変えたい」ときはお気軽にメールください♡
 

5 November, 2015

[EVENT / EXHIBITION]

suga展示会

写真 2015-10-09 11 22 47.jpg
artificial flower crowns/necklace
11月7・8日に
金沢にて、こどもふくのブランドsugaの展示会が行われます。
今回、イメージで使うためのアーティフィシャルフラワーのアクセサリーを制作しました。
当日は会場の彩りもかねて(?)お花のアクセサリーも並ばせていただきます。
こどもにも大人にも、一緒に使えるような
大人っぽい落ち着いた色合いでつくっています。
ベビー用のアクセサリーもあるので、お土産やプチギフトにもよかったらどうぞー。
お子様向けではない、ピアスやイヤリングもたっぷり持っていきます!
sugaは世界的な繊維産地 北陸で生まれ育ち、
大人向けアパレルのデザインやパターンをしてきたデザイナーが、
きちんと心地よくて可愛くて使いやすいこどもふくを
デザインしているブランドです。
北陸で作られるすばらしい素材と丁寧なデザイン。
大人向けではフルオーダーメイドで洋服を仕立ててくれる
贅沢なブランド、oneselfismのデザイナーさんが
こども向けにセミオーダーで仕立ててくれるのが
suga(スーガ)というブランドです。
きちんと考えられた上質な洋服たちは
身体も心も心地よい、ハッピーな服たちです。
一般の方が気軽に行ける機会なので是非ぜひどうぞ。
くわしくはこちらで→

13 July, 2015

[DAILY]

Dal mio studio アトリエより


ベルカルテさんでのemme展もおわり
気が抜けたのか風邪をひいてしまった、今年はじめの猛暑日。
みなさんも体調にはお気をつけください。
喉がいたいです。。
このところメンテナンスのお問い合わせをよくいただきます。
チェーンが切れてしまったり、ピアスを片方なくしてしまった…
そんなときはお気軽にお問い合わせくださいね。
こんな色の石でネックレスやピアスがほしい…
とか、友人や恋人にプレゼントをあげたいけどどんな石がいいかな、
というときなどもご相談いただければ一緒に考えさせていただきます。
ウェブショップになかなか商品をアップできないですが
「こんなのない?」って言っていただけるとうれしいです。

26 June, 2015

[EVENT / EXHIBITION]

emme展「石話」開催中です


berkarte(ベルカルテ)さんにて、emme展 「石話」 開催中です。
今週末(28日)までやっています。
原石や宝石を、クォリティから選ぶのではなく
表情や個性でひとつひとつ選んで、アクセサリーに仕立てています。
今回はフランスのアンティークレースを銀で象ったジュエリーたちも並んでいます。
銀にする過程で数少ないレースは燃えて消えてしまうため、
そんなに数がなかったり、サイズがなかったりします。
このサイズでつくろうと思ってもつくれなくて
ちょっともどかしいシリーズですが
そんなところもまぁ、ならではなのかなと思ったり。
一期一会の出会いに よかったら来てください。

原石を爪留めした、14KGFのピアスも
いろんな石を取り揃えてお待ちしています。
自然の色が突き刺さるような美しさ。
ラフだからこそ際立つ石の魅力です。

8 June, 2015

[ABOUT STONES]

三色の菫(スミレ)の光


光の当たる角度によって
色が三色に変わるという特性をもつアイオライト。
和名は菫青石です。
素敵な名前で大好きな石。
この色を変えるという特性から、かつてバイキングが航海の際に
アイオライトを羅針盤代わりに使用し
太陽にかざして青色が鮮明に見える方向に船を進めたと言われています。
海で迷わぬよう、導いてくれたのかと思うと
その落ち着いた輝きがとても優しく理知的に見えてきます。
色を変える姿が発想の転換を表すのでしょうか。
考えが行き詰まったときに眺めると心を落ち着け
正しい判断を下すのを手伝ってくれる力があるのだとか。
青とも紫ともいえぬ複雑な色味が
とても女性的で色っぽいのです。
 

5 June, 2015

[EVENT / EXHIBITION]

a tale of stones 石話


夏のはじまりを、色石といっしょに迎えよう
さまざまな色や形、自然の姿を見せてくれる石をつかった
企画展をさせていただきます。
berkarteさんの夏のナイト営業(期間限定で普段より3時間遅めの営業です)中の
6月22日(月)~28日(日)まで。
(水曜定休です)
14KGFをつかった、宝石や原石をつかったアクセサリーのほか
フランスのアンティークレースを象った
銀やヴェルメイユ(SV925/18KGP)の装飾具たち。
昼間の明るい日差しと、夜の照明に照らされた石たちを
是非、お手にとってみてください。
berkarte(ベルカルテ)さんのHPはこちら→

29 May, 2015

[ABOUT STONES]

葡萄酒に染められて


美しい紫の石、アメシスト。
透明な紫の石で、唯一宝石たりうる石です。
それにはこんな神話があるのをご存知でしょうか。
アメシストは月の女神の女官の名前。
酒に酔ったバッカスが、今から最初に出会った人をピューマに襲わせようとしていた時
運悪くそこに通りかかったのが、月の女神の女官アメシストでした。
バッカスが獣をけしかけ、今にもアメシストが襲われるという時
この惨事に気づいた月の女神が彼女を守るため、一瞬にして純白の水晶に変えたのです。
その後酔いから覚めたバッカスは自分の罪を悔い、水晶にワインを注ぎました。
たちまち水晶は透き通った紫色に変わり、美しい紫色の宝石・アメシストになったといわれています。
語源となったギリシャ語の『amethystos』は"酒に酔わない"という意味をもちます。
飲み過ぎのときのお守りになるというちょっとめずらしいパワーストーン。
葡萄酒に染められたクリスタル。
その美しい紫に、酔ってみるのはいかがですか。
–企画展のおしらせ–
2015.6.22(mon)~28(sun)
emme展~石話~@berkarte
 

7 May, 2015

[ABOUT STONES]

Green sophia 緑の叡智


エメラルドの石言葉は叡智。
深い知識、洞察、知性。
私の誕生石でもあるからでしょうか、いろんな産地のいろんな形状で集めています。
落ち着く緑。大好きです。
エメラルドはベリルという石のグループで、アクアマリンの兄弟みたいなものです。
アクアマリンと同じように、恋愛や幸せな結婚のお守りでもあるんですって。
でも、エメラルドは内包物を非常に多く含む石です。
硬度は高いのですが、割れやすい繊細な石。
ダイアモンドに並ぶ世界四大宝石で色石としてはナンバーワン。
クレオパトラが愛したゆえに自身のエメラルド鉱山を持っていたなど
逸話も数多くある石ですが、歴史的な名品があまり伝わらないのには
この繊細さも関係しているのでしょう。
エメラルドと人間に傷のないものはない
脆さもあるからこそ美しい。
あっという間に過ぎゆく、この春のように。
美しい石。そして美しく愛しい季節ですね。